CATEGORY 文学・評論

名人 (著)川端康成 感想

「名人」は碁の世界で不敗の名人と言われた第二十一世本因坊秀哉の最期の戦いを、観戦記を元にして小説化した作品です…

光圀伝 (著)冲方丁 感想

緻密ながら力強い文章、それぞれ個性が光るキャラクターたち、芯の通ったストーリーに圧倒されました。「水戸黄門」で…

火花 (著)又吉直樹 感想

この本を読んでみて、一番印象に残っているのは、「神谷さんはいないいないばあを知らない」という部分です。 この作…